利息を考えた返済をする

Posted by 管理人 on 2015年12月1日 with No Comments
Warning: printf(): Too few arguments in /home/m010c113/public_html/schoolboarddata.org/wp-content/themes/ground-floor/index.php on line 76
as

即日融資を希望する時にはとかく忘れがちになりますが、キャッシング即日借り入れをしたときには必ず利息をつけて返済をしなくてはなりません。
初回限定の無利息サービスが一定期間ある消費者金融や銀行カードローンもありますが、そのサービス期間終了後には通常の金利による利息が加算されています。
金利とはなんなのか、そして利息とはどのように計算されているのかを覚えておきましょう。
金利は実質年率、借入利率などと呼ばれることもありますが借入残高に対して年間にかかる利息の割合です。
利息を計算するための項目の一つになりますので、利息は金利だけで決まるものではありません。
それではなぜ金利の比較が重要視されているのかといえば、それは利用する前でなければその金利比較して検討することができないからです。
例えば金利4.5%〜18.0%のA社の契約をして、こちら側の希望で金利を課減の4.5%にしてくださいとすることはできません。
消費者金融でも銀行カードローンでも初回融資額に対しての金利は設定されている金利の上限が適用されることが多くなりますが、利用を始めると指定された金利が適用されることになります。
そのため、どこのカードローンを選ぶのかということはすなわち、どの金利で利用するのかにも直結するということです。
だからこそ、カードローン選びの金利確認は重要なものになります。
しかし利息は金利だけで決まるのではありません。
利息の計算方法をみてみるとわかりやすいでしょう。
「借入残高×金利÷年間日数×利用日数」
これで初回借入日から第一回返済日までの利息、返済日から次回返済日までの利息を計算することになります。
返済をすると「借入残高」が少なくなるため、その返済ごとに利息を計算するということです。
金利はカードローン選びの段階でしか私たちには選択権がありませんが、借入残高や利用日数は利用する私たちにしか節約することも増やすこともできません。
必要最低限の金額だけを借り入れるということ、借り入れは頻繁に行わないということで借入残高を最小限に抑えることができます。
また利用日数こそ節約には大きな効果を出しています。
利息の計算方法をみてもわかるように、まずは1日分の利息を計算し、その日数分の利息を支払うことになります。
簡単に言えば1日分の利息を何日分支払うのかということです。
例えば1日の利息が100円だったとすれば通常の返済日である月に一度になると3,000円の利息を支払うことになりますが、15日後に返済ができれば1,500円に抑えることができます。
利息を節約するためには利用日数の節約が重要です。
少しでも早い返済をするために、口座引き落とし以外の返済方法としてATMやインターネット返済が利用できるカードローンであれば安心でしょう。

今すぐ借入ができるカードローン

Posted by 管理人 on 2015年10月22日 with No Comments
Warning: printf(): Too few arguments in /home/m010c113/public_html/schoolboarddata.org/wp-content/themes/ground-floor/index.php on line 76
as

キャッシングには今すぐ借入をしたいとき即日融資でお金を借りることができます。

大手消費者金融はほとんどのところがこの即日融資に対応していますが、銀行カードローンでも即日融資ができるのでしょうか。

口コミなどで人気のある即日融資が可能な銀行カードローンには、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」や、新生銀行カードローン「レイク」などに定評がります。「バンクイック」の申込方法はインターネットから申込みをする方法と、テレビ窓口へ行き、カードを発行してもらう方法があります。

テレビ窓口からの申込は最短で40分程度で完了するので即日融資が可能になっています。

新生銀行カードローン「レイク」は大手消費者金融の「レイク」がシステムや人員、店舗を含めすべてを新生銀行に譲渡した形となっているので、消費者金融で培われたノウハウやデータから審査時間も最短30分で完了するといったスピード審査をおこなっています。

レイクの申込方法にスマホアプリで申込むのが便利です。

スマホアプリは申込から会員ページへのログインのほか、スマートフォンサービスがワンタッチで利用できます。

初めての申込には本人確認書類が必要になりますが、この書類送付も書類をカメラで撮影するだけで簡単に遅れるので無駄な手間が省けます。

また「メールお知らせサービス」は返済の3日前や返済日が過ぎてしまった後でもメールで知らせててもらうことができるので、うっかり忘れが防げるので安心です。

関連記事